WordとExcelとPowerPointの資格

スポンサードリンク

WordとExcelとPowerPointの資格

マイクロソフトが出しているパソコン関連のソフトは、世界各国の言語で世界中に普及しています。

マイクロソフトが主催し、世界中で実施されている資格試験に「Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」というものがあります。

「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」試験を主催する、マイクロソフトのソフトは世界中で使われており、その操作方法を全世界共通の基準で判定する資格試験です。

「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」は、Microsoft OfficeのWORD(ワープロソフト)やEXCEL(表計算ソフト)、PowerPoint(プレゼーションソフト)といったMicrosoft関連ソフトの操作方法に関する知識や能力を判定する試験です。

「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の資格取得を目指すのは、20歳代、30歳代の比較的若い人が多く、受験者の8割近くを占めているということです。

「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」資格を取得していると、就職時に有利だと言うことで、就職活動前の大学生の受験も目立ちます。

WORDやEXCELは、パソコンを使用するほとんどの企業で使われているため、この資格は大学生に限らず就職時に有利な資格であるといえます。

「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」資格を取得しようとする人は、就職しようとする人だけでなく、転職や再就職を考えている人や派遣社員として働いている人の受験も多いようです。

WORDやEXCELは、事務関係の職種に就く人だけでなく、パソコンを使ういろいろな職種の人に使われているソフトです。

転職しようとする場合、転職しようとする職種の実務経験を問われるのが普通ですが、転職を希望している人の中には実務経験が少ない人もいるでしょう。

「Microsoft Office Specialist」という資格は、このような実務経験の少ない人にお勧めのパソコン資格であるといえます。

実務経験が少ない人でも、実技を重視した資格試験に合格しているという点をアピールすることで、実務経験のある無資格者より有利な立場になれるかもしれませんね。

「Microsoft Office Specialist」という資格は、資格を取得することで、就職や転職に非常に有利になるといわれています。

なぜなら、採用する企業側も実技試験に合格し、即戦力となって働いてくれるような人を求めているからです。

WordとExcelとPowerPointの資格関連ページ

マイクロソフト認定インストラクター
マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を持っていれば、転職や就職する際は非常に有利となるのです。しかし、マイクロソフト オフィシャル トレーナー資格には有効期限があるのす。
パソコンのスペシャリスト資格
マイクロソフト オフィス スペシャリストのふたつのレベル、日常業務におけるパソコンのスペシャリストと呼んでもいい存在、エキスパートレベルと、基本的な機能を使用して事務仕事を行うスペシャリストレベル。
パソコン資格の初級編
ITパスポートの国家試験内容は、ストラテジ系(経営全般)を始め、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3分野から出題され、各分野の得点もわかるので、次回の試験に備えることができます。

スポンサードリンク