パソコンのスペシャリスト資格

スポンサードリンク

パソコンのスペシャリスト資格

「マイクロソフト オフィシャル トレーナー」は、マイクロソフト オフィス製品の使用方法を指導する、インストラクターを認定するマイクロソフトの認定資格です。

マイクロソフト オフィシャル トレーナーの実技試験には「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」が採用されています。

つまり「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の資格試験に合格しなければ「マイクロソフト オフィシャル トレーナー」の資格を取得できないということになります。

マイクロソフト オフィス スペシャリストは、マイクロソフト オフィスに含まれるソフトそれぞれのスペシャリストとしての試験をパスしなくてはいけません。

つまり、ワードのトレーナー資格が欲しい人はワードのスペシャリストとしての合格が必要であり、エクセルのトレーナー資格が欲しい人はエクセルのスペシャリストとしての合格が必要となります。

マイクロソフト オフィス スペシャリストは、一度取得すればそれで良いといったものではありません、つまり、マイクロソフト オフィスの新しいバージョンが発売されるたびに、パソコン教室のインストラクターは、最新バージョンに関する試験を受験する必要があるということです。

また、仕事の幅を広げるために、インストラクターの人達は、多くの科目(ワード、エクセル、パワーポイントなどのソフト)のスペシャリストに挑戦していくようです。

マイクロソフト オフィス スペシャリストの試験は、ふたつのレベルに分類されます、一つは、スペシャリストレベルで、もう一つは、エキスパートレベルです。

「マイクロソフト オフィス」の基本的な機能を使用して、効率よく事務仕事を行うことができるレベルを、スペシャリストレベルと呼びます。

エキスパートレベルでは、「マイクロソフト オフィス」を使いこなせるのはもちろんのこと、目的や用途に応じてパソコンとソフトの環境設定ができて、高度な機能を駆使して事務の仕事をこなすことができるレベルのことをいいます。

つまり、日常業務におけるパソコンのスペシャリストと呼んでもいい存在が、エキスパートレベルと言えるのかもしれません。

パソコンのスペシャリスト資格関連ページ

WordとExcelとPowerPointの資格
「Microsoft Office Specialist」という資格は、実務経験の少ない人にお勧めのパソコン資格で、実技を重視した試験です。多くの企業側は実技試験に合格し、即戦力となってくれる人を求めているからです。
マイクロソフト認定インストラクター
マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を持っていれば、転職や就職する際は非常に有利となるのです。しかし、マイクロソフト オフィシャル トレーナー資格には有効期限があるのす。
パソコン資格の初級編
ITパスポートの国家試験内容は、ストラテジ系(経営全般)を始め、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3分野から出題され、各分野の得点もわかるので、次回の試験に備えることができます。

スポンサードリンク