マイクロソフト認定インストラクター

スポンサードリンク

マイクロソフト認定インストラクター

パソコン資格を取って、転職や就職を考えているのなら、マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を取って、パソコン教室のインストラクターを目指してみるというのはいかがでしょう。

マイクロソフト オフィシャル トレーナー資格に合格するには、マイクロソフト製品に関する知識があり実技試験に合格する必要があります。

マイクロソフト オフィシャル トレーナー資格の実技試験というのは、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」試験のことをいいます。

これら、マイクロソフトの試験に合格後、パソコン教室などで、実際に指導するための方法についてのトレーニングを受けると、マイクロソフトによってマイクロソフト オフィシャル トレーナーとして認定されることになります。

マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を有する人が運営するパソコン教室は「マイクロソフト オフィシャル トレーニングスクール」として認定されます。

マイクロソフト オフィシャル トレーニングスクールに認定されるということは、マイクロソフトに認められたパソコン教室だということになり、信頼度が増し生徒も集まりやすくなるでしょう。

そのため、マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を持っていれば、パソコン教室などに転職や就職する際は非常に有利となるのです。

マイクロソフト オフィシャル トレーナー資格には有効期限があるので注意が必要です。

つまり、マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格者として認定されるためには、最新のバージョン、あるいは、1つ前のバージョンに関する資格試験の合格者であることが必要となるのです。

古いバージョンで、マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格試験に合格していたとしても、マイクロソフト オフィシャル トレーナーとしては認めてもらえません。

「マイクロソフト オフィシャル トレーナー」を目指すのであれば、常に新しいソフトに関するスキルを吸収する努力が必要です。

「マイクロソフト オフィシャル トレーナー」として認定された、パソコン教室のインストラクターが最新バージョンのソフトに関して驚くほど詳しいのは、この認定制度に理由があるようです。

マイクロソフト認定インストラクター関連ページ

WordとExcelとPowerPointの資格
「Microsoft Office Specialist」という資格は、実務経験の少ない人にお勧めのパソコン資格で、実技を重視した試験です。多くの企業側は実技試験に合格し、即戦力となってくれる人を求めているからです。
パソコンのスペシャリスト資格
マイクロソフト オフィス スペシャリストのふたつのレベル、日常業務におけるパソコンのスペシャリストと呼んでもいい存在、エキスパートレベルと、基本的な機能を使用して事務仕事を行うスペシャリストレベル。
パソコン資格の初級編
ITパスポートの国家試験内容は、ストラテジ系(経営全般)を始め、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3分野から出題され、各分野の得点もわかるので、次回の試験に備えることができます。

スポンサードリンク