パソコン資格の事務系資格

事務系のパソコン資格について

パソコン資格の中で、事務系資格と言われるもののほとんどは、マイクロソフトのワープロや、表計算ソフトに関する資格といえるでしょう。ここでは、これら事務系資格の概略をまとめています。

パソコン資格の事務系資格エントリー一覧

WordとExcelとPowerPointの資格

マイクロソフトが出しているパソコン関連のソフトは、世界各国の言語で世界中に普及しています。マイクロソフトが主催し、世界中で実施されている資格試験に「Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」というものがあります。「マイクロソフト オフィス ス...

続きを読む

マイクロソフト認定インストラクター

パソコン資格を取って、転職や就職を考えているのなら、マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を取って、パソコン教室のインストラクターを目指してみるというのはいかがでしょう。マイクロソフト オフィシャル トレーナー資格に合格するには、マイクロソフト製品に関する知識があり実技試験に合格する必要があ...

続きを読む

パソコンのスペシャリスト資格

「マイクロソフト オフィシャル トレーナー」は、マイクロソフト オフィス製品の使用方法を指導する、インストラクターを認定するマイクロソフトの認定資格です。マイクロソフト オフィシャル トレーナーの実技試験には「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」が採用されています。つまり「マイクロソフト オフ...

続きを読む

パソコン資格の初級編

入門的なパソコン資格として、広く知られていた初級シスアド資格は、平成20年でなくなり、平成21年より、ITパスポートが新たに設けられました。ITパスポートは、初級シスアドと同じく、国家資格で、情報処理技術者試験の試験区分の一つに位置付けられています。国家資格であるITパスポート資格を取得するためには...

続きを読む