パソコン上級者のMCP資格

スポンサードリンク

パソコン上級者のMCP資格

マイクロソフト社の製品に関して高い知識を持っていて、なおかつ、高いレベルの技術試験に合格した人には、MCPという認定資格が与えられます。

 

MCPという認定資格は「Microsoft Certified Professional」の略で、この資格を持つ人は、いうまでもなくパソコン上級者です。

 

プログラマーやトレーナー、システムエンジニアやシステムインテグレータなどの職業に就いている人に、MCP資格を保持している人が多いようです。

 

日常パソコンを使用して技術者的な仕事をしている人が目指す認定資格であると言えます。

 

MCPプログラム(マイクロソフト認定技術資格制度)をクリアすることによって、MCPを取得することができます。

 

日本やアメリカはもちろんのこと、世界中どこでもMCPプログラムは実施されています。

 

MCPプログラムは、アメリカで作成される試験問題を、試験が実施される各国の言葉に翻訳されます。

 

また、世界共通の試験であり、世界中どこで受験しても同じ基準であり、難易度も同じだといわれています。

 

そのため、MCP資格を持っていれば世界的に通用する資格を持っているということになるのです。

 

MCPプログラムの試験は、ペーパテストという方法ではなく、試験会場に用意されたパソコン端末による実技試験となります。

 

そのため、暗記主体のペーパーテストとは、試験勉強の方法も異なってきます。

 

テキストを暗記するだけではこの資格を取得することはできません、実際にパソコンを使って実習や演習を繰り返す必要があります。

 

MCP資格には、10種類以上の認定資格があり、認定される資格によって認定される条件や、試験科目が異なります。

 

10種類以上あるMCP資格を複数取得することで、さらに上位の資格である、MCSAやMCSEなどの認定資格を得ることができます。

パソコン上級者のMCP資格関連ページ

IC3資格者はパソコン関係の達人
IC3という資格は、パソコンの知識だけではなく、周辺機器の知識も必要とする資格です。IC3資格を取得している人は、企業からも重宝され、就職や転職に有利といえます。
パソコン資格のIC3は世界共通
IC3の学習は、パソコンの全てを学習する最高の道標となってくれます。パソコンのトラブルに対する対処方法を、IC3資格取得のための学習を通してマスターすることは可能です。
Webデザインの資格
インターネット関連資格で、注目される資格には、WebデザインとWebプログラミングがあります。その違いと、今後について考えてみましょう。
パソコンでできるCAD資格
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
CAD資格と就職や転職
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
DTPというパソコン資格
DTP検定はプロフェッショナルDTP(I種)、ディレクションDTP(II種)、ビジネスDTP(III種)の3つのレベルの資格に分類され、プロフェッショナルDTPは、DTPのスペシャリストとして認められます。
DTP資格
ディレクションDTPは、印刷に関する行程の全般を的確に管理、監督、指揮できる能力必要となる。ビジネスDTPは、パソコンを利用して文書を作成する必要があるビジネスマン向けの資格です。
CAD利用技術者試験の内容
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
CADオペレータとCADデザイナー
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。

スポンサードリンク