DTP資格

スポンサードリンク

DTP資格

DTPというのは、印刷物のデザインをパソコン上で行う技術のことで、DTP資格試験の一つにDTP検定というものがあります。

DTP検定の最上位資格は、プロフェッショナルDTPで、その下位に「ディレクションDTP」という資格があります。

ディレクションDTPという資格は、印刷物の編集やデザインなどを含む印刷に関する全てを管理する編集者、または企業の広報担当などの印刷物に関する責任者を対象とした資格です。

ディレクションは、管理、監督あるいは、指揮という意味を持っている言葉で、ディレクションDTPは、デザイン、編集、加工など印刷に関する行程の全般を的確に管理、監督、指揮できる能力が問われます。

印刷物を作る工程はさまざまで、原稿や各種データの作成あるいは作成依頼、印刷データ出力や印刷物の確認、納品後の修正など多くの工程を経て印刷物の完成となるのです。

このように多岐に渡る行程を管理、監督し、全体をコントロールできる指揮能力がディレクションDTPには必要となるのです。

具体的には印刷物の企画前の準備段階から参画し、制作スタッフに的確な指示を与え、紙面構成を決定し、レイアウト決定後、原稿を作成あるいは発注し、仕上がった原稿の確認を行った後、印刷の発注までを行います。

ディレクションDTP資格の試験は、細分化された工程をマネジメントし、印刷物を確実に仕上げるまでの業務が対象となり、DTPワーク全体をマネジメントできる能力が問われることから、印刷物の編集者や広報担当などの印刷物の責任者としての職種に就いている人に向いている資格といえます。

ディレクションDTPの下位資格に、ビジネスDTP(III種)という資格があります。

ビジネスDTP資格は、社内資料や報告書あるいは販促チラシなどパソコンを利用して文書を作成する必要があるビジネスマン向けの資格で、ディレクションDTPやプロフェッショナルDTPのように、プロ的な意識ではなく、他の人が見て読みやすく見やすい資料やチラシを作成するための資格です。

DTP検定で取得できる資格は、全て受験資格がありません、誰でもどの資格でも挑戦できますが、2年に一度、継続手続きと共に、資格継続のための試験を受けなくてはいけませんので、資格取得後も日々学習が必要といえます。

DTP資格関連ページ

IC3資格者はパソコン関係の達人
IC3という資格は、パソコンの知識だけではなく、周辺機器の知識も必要とする資格です。IC3資格を取得している人は、企業からも重宝され、就職や転職に有利といえます。
パソコン資格のIC3は世界共通
IC3の学習は、パソコンの全てを学習する最高の道標となってくれます。パソコンのトラブルに対する対処方法を、IC3資格取得のための学習を通してマスターすることは可能です。
パソコン上級者のMCP資格
MCPという認定資格は「Microsoft Certified Professional」の略で、この資格を持つ人は、いうまでもなくパソコン上級者です。
Webデザインの資格
インターネット関連資格で、注目される資格には、WebデザインとWebプログラミングがあります。その違いと、今後について考えてみましょう。
パソコンでできるCAD資格
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
CAD資格と就職や転職
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
DTPというパソコン資格
DTP検定はプロフェッショナルDTP(I種)、ディレクションDTP(II種)、ビジネスDTP(III種)の3つのレベルの資格に分類され、プロフェッショナルDTPは、DTPのスペシャリストとして認められます。
CAD利用技術者試験の内容
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
CADオペレータとCADデザイナー
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。

スポンサードリンク