DTPというパソコン資格

スポンサードリンク

DTPというパソコン資格

DTPとは「Desktop Publishing」の略で、印刷物のデザインをパソコンを使って行うことです。

DTPに関する資格には、日本経営協会が主催する資格試験で「DTP検定」があります。

また、DTPに関する資格として「DTPエキスパート」と呼ばれる資格が「DTP検定」とは別にあります。

両者の違いは、資格が係わる業種の違いで、DTP検定は全業種を対象としているのに対し、DTPエキスパートは印刷関係の資格であることです。

DTP検定は大きく分けて、プロフェッショナルDTP(I種)、ディレクションDTP(II種)、ビジネスDTP(III種)の3つのレベルの資格に分類されています。

プロフェッショナルDTP(I種)は編集者やデザイナー、オペレータなどDTPのスペシャリストを対象とした資格で、DTPとして独立を考えている人には必須の資格といえます。

プロフェッショナルDTP取得者は、雑誌やカタログ、パンプレットなどのレイアウトをデザインしたり、印刷データを作成したりということを、パソコンを利用して行っています。

縦組みや横組みなどのレイアウトの規格に捕らわれることなく自由にレイアウトでき、写真データをスキャニングする技術や、スキャニング後の色調補正の技術、図版の作成力などの能力も高いレベルで求められます。

また、効率よく正確にデザインするためのDTPソフトを使いこなす技術も必要とされています。

プロフェッショナルDTPは、このような技術や知識を必要とされ、プロフェッショナルDTP(DTP検定I種)取得者は、DTPのスペシャリストとして認められた、プロといえます。

プロフェッショナルDTP(DTP検定I種)の資格試験の受験条件はありませんので、誰でも受験できますが、2年ごとの継続手続き時に、プロフェッショナルDTPとしての実力があるかどうかの試験がありますので、資格を取得できても日々の勉強を忘れてはいけないといえます。

DTPというパソコン資格関連ページ

IC3資格者はパソコン関係の達人
IC3という資格は、パソコンの知識だけではなく、周辺機器の知識も必要とする資格です。IC3資格を取得している人は、企業からも重宝され、就職や転職に有利といえます。
パソコン資格のIC3は世界共通
IC3の学習は、パソコンの全てを学習する最高の道標となってくれます。パソコンのトラブルに対する対処方法を、IC3資格取得のための学習を通してマスターすることは可能です。
パソコン上級者のMCP資格
MCPという認定資格は「Microsoft Certified Professional」の略で、この資格を持つ人は、いうまでもなくパソコン上級者です。
Webデザインの資格
インターネット関連資格で、注目される資格には、WebデザインとWebプログラミングがあります。その違いと、今後について考えてみましょう。
パソコンでできるCAD資格
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
CAD資格と就職や転職
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
DTP資格
ディレクションDTPは、印刷に関する行程の全般を的確に管理、監督、指揮できる能力必要となる。ビジネスDTPは、パソコンを利用して文書を作成する必要があるビジネスマン向けの資格です。
CAD利用技術者試験の内容
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
CADオペレータとCADデザイナー
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。

スポンサードリンク