パソコンでできるCAD資格

スポンサードリンク

パソコンでできるCAD資格

パソコンを使って図面を書くシステムに、CADシステムがあります。

CADは、コンピューターの助けをかりてデザインすることを意味し、「Computer Aided Design」の略です。

CADは、元々建築業界で広く使われていましたが、現在では、さまざまな分野の業種で使われています。

たとえば、自動車、機械、電気、造船、土木建築などが代表的な分野といえるでしょう。

CADには、「汎用CAD」と「専用CAD」の2種類があり、それぞれ一長一短があります。

「Auto Cad」に代表的される汎用CADは、どの分野にも使うことのできるCADのことで、一般に広く使われているCADはこのタイプです。

汎用CADに対し、専用CADは、ある分野に特化したCADで、服飾デザインや造園の設計、3Dの配管図面の作成など専門分野で使われるものです。

CADが現れる以前は、製図台に製図用の紙を固定し、専用のペンや定規を使用して製図していました。

CADが現れて以降、製図台はパソコンに、専用のペンはマウスに変わり、定規は不要となってしまいました。

昔、製図をするには、正確な線や綺麗な文字が書けないといけませんでした、しかし、CADが使われるようになりそのような技術は必要なくなりました、では、CADの担当者にはどのような能力が必要とされるのでしょうか。

CADオペレータは、単に円や線を描く能力を習得するだけでは不十分で、図面を読み取る能力や、設計者の描いたスケッチを図面化する能力が求められます。

専門分野では設計者自らがCADオペレーターとしてCADを駆使し設計、製図を1人でやってしまう人も多いようです。

CADは、より精度の高い設計をするための道具として、設計者にとっても重要な位置に置かれてきているのです。

CADに関する資格も分野別や用途別などいろいろとあります。

これらのCAD資格を取得すると、就職や転職に有利です、現在CADに携わっている人は、スキルアップのために、今後、CADの仕事をしたい人は有利に仕事に就くために積極的に挑戦してみてはいかがでしょうか。

パソコンでできるCAD資格関連ページ

IC3資格者はパソコン関係の達人
IC3という資格は、パソコンの知識だけではなく、周辺機器の知識も必要とする資格です。IC3資格を取得している人は、企業からも重宝され、就職や転職に有利といえます。
パソコン資格のIC3は世界共通
IC3の学習は、パソコンの全てを学習する最高の道標となってくれます。パソコンのトラブルに対する対処方法を、IC3資格取得のための学習を通してマスターすることは可能です。
パソコン上級者のMCP資格
MCPという認定資格は「Microsoft Certified Professional」の略で、この資格を持つ人は、いうまでもなくパソコン上級者です。
Webデザインの資格
インターネット関連資格で、注目される資格には、WebデザインとWebプログラミングがあります。その違いと、今後について考えてみましょう。
CAD資格と就職や転職
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
DTPというパソコン資格
DTP検定はプロフェッショナルDTP(I種)、ディレクションDTP(II種)、ビジネスDTP(III種)の3つのレベルの資格に分類され、プロフェッショナルDTPは、DTPのスペシャリストとして認められます。
DTP資格
ディレクションDTPは、印刷に関する行程の全般を的確に管理、監督、指揮できる能力必要となる。ビジネスDTPは、パソコンを利用して文書を作成する必要があるビジネスマン向けの資格です。
CAD利用技術者試験の内容
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
CADオペレータとCADデザイナー
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。

スポンサードリンク