CADオペレータとCADデザイナー

スポンサードリンク

CADオペレータとCADデザイナー

CADオペレータやCADデザイナーを目指して、CAD資格を取得しようと日々頑張っている人が増えています。

パソコンを使う仕事の代表ともいえるCADオペレータやCADデザイナーとはどんな仕事なのか少し確認しておきましょう。

CADオペレータの仕事で代表されるのは、設計者が手書きした図面をCADシステムを使って清書することです、つまり、CADを利用して、製図する作業が主な仕事と言えます。

設計者が手書きした図面をCADシステムを使ってパソコンに入力し、綺麗な図面に製図するだけの作業なら、少しCADの経験がある人なら、業界未経験者でも十分可能だといえます。

しかし、CADを使えなければ、どんなに簡単な作業でもできません、やはり、CADで仕事をするためには、CADソフトを使って勉強する必要があるでしょう。

ところが、CADソフトは非常に高価なため、個人がCADソフトを購入して自宅で独学で、勉強するというのは少々難があります。

ご存じの方も多いでしょうが、CADソフトには、jwCADのような無料で公開されているものがありますが、CADを本格的に仕事として考えているのなら充分とはいえません、そのため、パソコンスクールに通ってCADの資格を取得するために、本格的なCADソフトを使って勉強しようという人が増えてきているのが現実です。

就職や転職の際には、CAD利用技術者1級の資格を取得しているということが、CADの仕事に対する前向きな姿勢や実力を評価される要因となり、有利な条件となります。

CADを使った仕事をしたい、CAD業界で今後も働いていきたいと思っているのなら、CAD利用技術者試験はクリアしておくべき最初の関門といえます。

CAD資格を取ることでできる職種にはいろいろなものがありますが、CADを使って独立まで考える人が目指すものに、CADデザイナーがあります。

CADデザイナーは、CADオペレータのようにCADを使って製図ができれば良いといった仕事ではなく、設計に関する知識も必要とされる仕事です。

CADデザイナーは、CAD利用技術者1級資格は最低限必要で、なおかつ、経験と専門知識が必要といえます。

例えば、建築関連のCADで、設計者が書いた家屋のスケッチを、CADソフトを使ってパソコンに入力することは簡単にできますが、ドアの位置が部屋の右側から左側へ変更された場合、CADデザイナーは、ドア位置の変更に伴って変更すべき部分を考慮し、対応する必要があり、当然それに見合った能力や知識を要求されるのです。

CADオペレータとCADデザイナー関連ページ

IC3資格者はパソコン関係の達人
IC3という資格は、パソコンの知識だけではなく、周辺機器の知識も必要とする資格です。IC3資格を取得している人は、企業からも重宝され、就職や転職に有利といえます。
パソコン資格のIC3は世界共通
IC3の学習は、パソコンの全てを学習する最高の道標となってくれます。パソコンのトラブルに対する対処方法を、IC3資格取得のための学習を通してマスターすることは可能です。
パソコン上級者のMCP資格
MCPという認定資格は「Microsoft Certified Professional」の略で、この資格を持つ人は、いうまでもなくパソコン上級者です。
Webデザインの資格
インターネット関連資格で、注目される資格には、WebデザインとWebプログラミングがあります。その違いと、今後について考えてみましょう。
パソコンでできるCAD資格
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
CAD資格と就職や転職
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
DTPというパソコン資格
DTP検定はプロフェッショナルDTP(I種)、ディレクションDTP(II種)、ビジネスDTP(III種)の3つのレベルの資格に分類され、プロフェッショナルDTPは、DTPのスペシャリストとして認められます。
DTP資格
ディレクションDTPは、印刷に関する行程の全般を的確に管理、監督、指揮できる能力必要となる。ビジネスDTPは、パソコンを利用して文書を作成する必要があるビジネスマン向けの資格です。
CAD利用技術者試験の内容
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。

スポンサードリンク