CAD利用技術者試験の内容

スポンサードリンク

CAD利用技術者試験の内容

CAD利用技術者試験には、1級と2級という資格試験があり、1級の試験と2級の試験では、出題される試験内容が違います。

CAD利用技術者2級の資格試験では、CADシステムの基本的な知識の有無が問われる内容となっています。

CAD利用技術者試験2級では、CADシステムの基本的な用語や、用語としてのコマンドに関する知識や、コマンドの働きと、その使い方を正確に理解している必要があります。

CADシステムは、パソコン上で働くシステムであることから、パソコンの基本的なハードやソフトの知識に関しても問われます。

CADシステムは、本来、設計製図をパソコンでやってしまおうと開発されたものであるため、設計や製図に関する知識も問われる試験内容となっています。

設計・製図と一概に言っても、実務の上では業種によって図面の見方や用語などに違いがあると思われますが、JIS規格に基づく知識をしっかりと習得しておく必要があるでしょう。

CADシステムの使用には直接関係しないような知識である、知的財産保護や情報セキュリティに関するCADシステムの周辺知識も出題範囲に含まれることを覚えておきましょう。

CAD利用技術者試験1級は、実務を重視した試験で、実技試験と筆記試験からなっています。

1級試験は、実際にCADシステムを利用する内容となっており、設定された条件に基づき正確に作図できるかどうかといった、実務での能力が必要となってきます。

また、応用問題的なものとして、提示された文章を読み取り、その文章の内容に従って作図することで、文書の内容を図面化するといった高度な能力も必要です。

CAD利用技術者1級は、基本的な知識はもちろん、設計や製図と言った技術だけでなく、機械あるいは建築またはトレースなどの専門的な技術と知識も必要であることから、2級資格とは比較にならないほどの知識と技術が必要となります。

2級資格を取得したから少し実務経験を積めば合格できるといったものではありません、2級資格取得時の何倍もの勉強が必要であり、時間や努力も2級資格取得時とは比べものにならないほど必要です。

そのため、CAD利用技術者試験の1級に合格した人は、即戦力として実務に就けることから、就職や転職が有利になります、実際、即戦力としてCADの技術者を求める企業からのオファーも多いと言うことです。

CAD関係の仕事をしたいと考えている方は、転職や就職の際、非常に有利となる、CAD利用技術者1級の資格取得を目標に頑張ってください。

CAD利用技術者には、機械・建築・トレースの各1級資格と2級資格以外に、「3次元CAD利用技術者」という資格もあります。

3次元CAD利用技術者試験には、1級、準1級、2級があり、2級合格者が、1級や準1級を受験できます。

3次元CAD利用技術者は、CAD資格の中では比較的新しい資格で、今後の需要が見込める資格とも言え、これからCADをと考えている人は、3次元CAD利用技術者試験を目指すのも一考の価値ありと思います。

CAD利用技術者試験の内容関連ページ

IC3資格者はパソコン関係の達人
IC3という資格は、パソコンの知識だけではなく、周辺機器の知識も必要とする資格です。IC3資格を取得している人は、企業からも重宝され、就職や転職に有利といえます。
パソコン資格のIC3は世界共通
IC3の学習は、パソコンの全てを学習する最高の道標となってくれます。パソコンのトラブルに対する対処方法を、IC3資格取得のための学習を通してマスターすることは可能です。
パソコン上級者のMCP資格
MCPという認定資格は「Microsoft Certified Professional」の略で、この資格を持つ人は、いうまでもなくパソコン上級者です。
Webデザインの資格
インターネット関連資格で、注目される資格には、WebデザインとWebプログラミングがあります。その違いと、今後について考えてみましょう。
パソコンでできるCAD資格
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
CAD資格と就職や転職
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
DTPというパソコン資格
DTP検定はプロフェッショナルDTP(I種)、ディレクションDTP(II種)、ビジネスDTP(III種)の3つのレベルの資格に分類され、プロフェッショナルDTPは、DTPのスペシャリストとして認められます。
DTP資格
ディレクションDTPは、印刷に関する行程の全般を的確に管理、監督、指揮できる能力必要となる。ビジネスDTPは、パソコンを利用して文書を作成する必要があるビジネスマン向けの資格です。
CADオペレータとCADデザイナー
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。

スポンサードリンク