パソコン資格には国の資格と民間資格が

スポンサードリンク

パソコン資格には国の資格と民間資格が

パソコンの資格は、ベンダ資格と国家資格という二つの資格に大別されます。

ベンダ資格というのは、民間企業が自社製品に関する試験を行い、受験した人の中から一定の水準の知識や技術を持つ人に対して、その能力を認定する民間資格です。

マイクロソフト社が認定するワープロや表計算ソフトの使い方に関する資格や、MCPといわれるパソコンの技術者資格が有名ですね。

AutoCADで有名な、オートデスク社が認定するCAD資格も有名なベンダ資格の一つです。

国家資格は、その名のとおり、国の機関または国の機関が依頼した団体による資格試験に合格した人に対して与えられる資格です。

パソコン資格の国家試験には、経済産業省が実施する初級シスアド資格試験があります、国の認定が受けられるパソコン資格としては、この資格が一番有名ではないでしょうか。

ベンダ資格と国家資格の違いは、いったい何処にあるのでしょう。

初級シスアドをはじめとする国家資格は、パソコン関連の基本となる考え方を身につけたい人は取得したほうがよい資格と言えます。

国家資格は、取得すると長い間通用する資格と言えるでしょう。

国家資格試験は、初級シスアド資格に代表されるように、基本的なパソコンに関する考えかたを問うものです。

つまり、初級シスアド資格に代表される国家資格試験は、パソコンの技術が、どんなに進歩しても、変わらない普遍的な考え方が問われる資格なのです。

これに対し、民間企業の認定資格である、ベンダ資格は、ある製品に対してのスキルを問うもので、製品の改良や新しい製品への移行など、製品に対する知識や技術の変化と共に、資格の価値も変化します。

勤めている企業の使用するソフトが変わったり、転職や異動などで使用するソフトが変わったりすると、パソコン資格取得で身につけた、知識や技術は使われないものとなってしまいます。

そこで、パソコン資格の取得を考えている人は、初級シスアドなどの、パソコンに関する基本的な知識や技術を修得し国家資格を取得してから、ベンダ資格の取得を目指すのが理想的だと言えます。

パソコン資格には国の資格と民間資格が関連ページ

パソコン資格の今後と取得目的
パソコン資格を取得することは、最終的な目的ではありません、利用して良い仕事をすることが目的です、また、今後パソコン資格取得者はますます必要とされるようになるでしょう。
パソコンでのWebデザイン
Webデザインを勉強している人が年々増加しています。これらの人はプロのWebデザイン技術をマスターしWebデザイナーとして働きたいと考えているようですが、
Webデザイン資格の重要性
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
パソコン資格最良の学習方法
パソコン関連資格を確実に取得する方法は、パソコンスクールに通うこと、ところが、時間的な、また、金銭的な余裕が必要であることが難点ですね。でも、
パソコンの資格 CAD利用技術者の取得
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
Auto CADはCADの仕事に必須
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
パソコン資格のCADを業務に活かす
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。

スポンサードリンク