パソコンの資格 CAD利用技術者の取得

スポンサードリンク

CAD利用技術者の取得

「CAD利用技術者試験」は、パソコンを使うCAD関連資格の中でも代表的な資格試験で、最もポピュラーなCAD資格であるといえます。

1990年に始まって以来、毎年数万人の人が受験しているCAD利用技術者試験は、パソコンを使った資格の中では高い人気を誇る資格といえます。

CAD利用技術者試験には、1級の実技試験と、2級の筆記試験があります。

CADシステムは、多くの企業が採用するようになって、技術者を目指して工学系の勉強をしてきた人ばかりではなく、デザインなどの勉強をしてきた人や、全くどちらにも属さない人も受験者の中には多くいらっしゃるようです。

CADシステムを多くの企業が採用するようになり、受験者の中には、CADの実務経験者が多くなってきているのが、このCAD利用技術者試験の特徴といえるのではないでしょうか。

CAD利用技術者試験2級の受験者の中には、学生も多く、CADを学んだ大学生や専門学校生が、その実力の証明としてCAD資格を取得しているようです。

CAD利用技術者1級の試験は、実技試験となっていますので、仕事などでCADシステムを扱うなど、CADシステムを利用して学べる環境で勉強しないと合格は難しいといえます。

CAD利用技術者試験は、比較的難易度が高いようで、合格率は、2級では約4割、1級では約2割といわれています。

やはり、実技試験をクリアーしないといけない1級は、相当、難易度が高いことが、CAD利用技術者試験の合格率からも判断できます。

筆記試験を合格すれば取得できるCAD利用技術者2級を取得しようとする人でさえ、半年以上の準備期間を置いていると言われていますので、1級の資格取得を目指す人は、1年以上前からCADシステムを使って試験準備をするというのは普通のようです。

大学生や専門学校生は、最低でも、CAD利用技術者2級資格を取得するために日々学校に通っていますが、社会人には資格取得のためだけに時間を割くと言ったことができないというのが大多数だと思います。

そのため、社会人の人がCAD利用技術者試験の合格を目指すなら、半年や、1年の時間では、準備が不十分ともいえますが、少ない時間を上手に使ってCAD資格取得のために、努力する気持ちがないとなかなか難しいのではないでしょうか。

パソコンの資格 CAD利用技術者の取得関連ページ

パソコン資格の今後と取得目的
パソコン資格を取得することは、最終的な目的ではありません、利用して良い仕事をすることが目的です、また、今後パソコン資格取得者はますます必要とされるようになるでしょう。
パソコン資格には国の資格と民間資格が
土台となる基礎の部分をしっかりと固めてから、さまざまなパソコン資格の取得に挑戦してみるのが、効率の良いパソコン資格の取り方と言えるでしょうね。
パソコンでのWebデザイン
Webデザインを勉強している人が年々増加しています。これらの人はプロのWebデザイン技術をマスターしWebデザイナーとして働きたいと考えているようですが、
Webデザイン資格の重要性
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
パソコン資格最良の学習方法
パソコン関連資格を確実に取得する方法は、パソコンスクールに通うこと、ところが、時間的な、また、金銭的な余裕が必要であることが難点ですね。でも、
Auto CADはCADの仕事に必須
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。
パソコン資格のCADを業務に活かす
パソコンが使えないと、まともな仕事ができない世の中になってきました。ただ、パソコンのキーボードを叩けるだけでは、パソコンを使えるとはいえません、パソコンを使いこなして仕事をするには、やはり、それなりのパソコン資格も必要でしょうね。

スポンサードリンク